ハゲにも種類があるんです!

ハゲにも種類があるんです!

ハゲにもタイプがある

父親がハゲだから自分ももうすぐハゲるんじゃ…なんて思っている人、多いんじゃないでしょうか?
実はハゲ方にも種類があり、その種類や症状に応じて薬や対策が変わってきます。
悩む前にとりあえず、自分の薄毛の種類を知りましょう。

ハゲのタイプ別、育毛剤の選び方

ハゲのタイプ別、育毛剤の選び方

年々薄くなってきたと気になってはいませんか。鏡を見るたびに億劫になったり、人に見られているのでないのかと外に出てもソワソワ落ち着かなかったり、髪の毛の存在は精神的に参るくらい重要な人が多いですね。
スキンヘッドが似合う人なんかはその後どうするのかが見えてきますがみんながみんなではないのでこれ以上減らしたくないと思うのが正直なところですね。
育毛剤にもいろいろあり、どれをいつから使って良いのか迷うのも無理ありません。少しでも一緒に解決できたらと思い美容師からの目線としてご紹介します。

ヘアサイクルの乱れとハゲの関係

ヘアサイクルの乱れとハゲの関係

髪の毛にはヘアサイクルがあることをご存知でしょうか。
毎日何万本と抜けてまた新しく生えてくる簡単に言えばそれがサイクルなのですが、毛根が元気でないとなかなか思うようにはいきません。いくら自分の意思でしているわけではなくても髪の毛の洗い方、手入れの仕方、もともとの髪質により全然変わってくるのです。
まだ若いうちは髪の毛にハリ、コシがあっても年齢を重ねると細くなったりして一本一本の量が気になってきます。
はげてきたと感じる人、これからが心配な人は、ちゃんとと手入れできていると思いますか。なかなか出来ていない人も多いのが現実ですのでご紹介していきます。

生活習慣の乱れとハゲの関係

生活習慣の乱れとハゲの関係

みなさんは禿げてくる理由は何だと思いますか。
原因解明はしっかりされているわけではありませんが、今一番注目されているのが、生活習慣との因果関係です。
髪の毛は日々サイクルを繰り返し、一日に何万本と生え変わります。健康なサイクルがきちんと行われてさえいれば、また新しい毛がはえてきますが、そうでないとそこでぬけたままになってハゲが進行していくという悲しい現実と向き合わなければいけなくなります。
健康なサイクルを保つためにはなにを気をつければいいのでしょうか。

男性ホルモンが多いとハゲるってホント!?

男性ホルモンが多いとハゲるってホント!?

男性ホルモンが多い人はハゲているとよく耳にしますがみなさんは本当だと思いますか。
実際見た目ではそう見えないような人でもハゲていたり男性ホルモンが多いかどうかは本人さえもわからないと思います。
見た目年齢も変えてしまうハゲですが、なぜハゲるのかそれがわかれば救われる男性も大勢いると思います。

血行不良がハゲを招く

血行不良がハゲを招く

どうしてはげるのか

まだまだこれといって原因解明ができていないハゲ、薄毛問題ですが、髪の毛も他の細胞同様に日々サイクルが行われています。
生えてこなくなのも遺伝もありますが毛穴のダメージや、血行不良など原因は幅広くあるといわれています。
だれもが薄毛になってきて悩む人が多いように感じますが、薄くなりそうな髪質の人、遺伝的にはげそうな人はあらかじめ気をつけておくことによってもしかしたら免れれるかもしれない問題ということを分かってもらえると後々悩まずにすむ人も減るような気がします。

遺伝とハゲの関係。

遺伝とハゲの関係。

遺伝と髪の毛

もともとの髪質には必ず遺伝が存在します。それから育っていくにつれて、家族は大体同じものを口にします。
同じシャンプーを使い、同じご飯を食べ、そうしているうちに同じ髪質をもっていれば同じような結果になってもおかしくありません。
産まれ持った髪質は遺伝かもしれないですが、そこからのお手入れで全然違う未来もあると思います。
親がはげているからと諦めるのではなく、少しお手入れ方法を変えてみるといいのかもしれません。
たしかに遺伝性も否定はできないですが、多少の希望を考えて少し変えてみて下さい。